2019年3月31日日曜日

加須支部総会

本日は、加須支部の支部総会に参加いたしました。
総会前の企画は「笑いケア体操」ということで、東部地区の佐藤理事に講師をお願いしました。少し恥ずかしい笑いケアですが、慣れてくると楽しくなってくるので不思議です。途中から参加した組合員さんも、初めから参加したかったと残念がっていました。
当日は15人の参加があり、2018年度のふりかえりと2019年の活動計画を確認しました。加須支部は安心ルームを位置づけ小物づくりなどを行ってきましたが、2019年度はウエルシア薬局での健康チェックも位置づけ、安心ルームでも楽しく学習をしていこうと考えています。
写真を失念してしまいましたが、おいしいカレーライスをたくさんいただいました。

2019年3月27日水曜日

利根支部総会

本日は利根支部(羽生)の支部総会に参加させていただきました。
参加者も24人と多く、毎年恒例の健康チェックも大盛況でした。
写真はありませんが、オカリナとあわせて「うたごえ」をするということで、私もウクレレを持参で瀬戸の花嫁の替え歌「減塩の花嫁」などをみなさんと一緒に楽しく歌わせていただきました。
利根支部は陶芸の先生がいたり、ウエルシア薬局での健康チェック活動がはじまったりと、活発な支部です。今後も参加の輪をひろげ、楽しく健康づくりにつなげていただきたいです。

2019年3月23日土曜日

西北支部総会

本日は、西北(せいほく)支部の支部総会にお邪魔しました。
お楽しみの食事会の前にフレイル(虚弱)学習という事で、紙芝居を私がおこないました。紙芝居は5~6人くらいの班会などに適していますが、今回は25人の参加者があり、手元資料も用意して、みなさんにお伝えしました。
医療生協として近年フレイル予防の取り組みを行っていますが、健康づくりはもちろん、こうした社会参加がフレイルを予防する大事なとりくみであることを強調しました。こういう会に参加できるみなさんはそれほど心配はないのですが、医療生協のつながりを活かして今後もフレイル予防につなげていきたいですね。
当日は、1件の加入と建設記念増資も5件おあずかりいたしました。
写真は、渡辺事務長からのリニューアルのお話しです。

2019年3月20日水曜日

行田西支部支部総会


今日は行田西支部の支部総会におじゃましました。
学習会は「小規模多機能施設とは?」ということで、新しくリニューアルする行田協立診療所の目玉のひとつである小規模多機能施設について、ケアセンターさきたまのケアマネージャーからお話しがありました。
参加者からは、ご自身の介護の経験などから期待の声が寄せられました。
みなさんの声をいただいて、使いやすい施設をつくっていきたいですね。
総会には15人が参加し、2018年度のふり返りと2019年度の活動方針を確認しました。ハイキングなどを活発に行われている支部ですが、役員をもう一回り増やせると、より活発になると思っています。

2019年3月16日土曜日

行田協立診療所市民公開講座


 3月16日(土)行田市商工センターで市民公開講座を開催しました。今回は初の「子育て支援企画」として、子育て世代に参加を広げたい内容をテーマにしました。
主に支部長会議で相談しながら、講演内容を「気になるスマホと生活リズムの話」とし、熊谷生協病院院長で小児科医の小堀先生にお話しいただきました。スマホに限らず、今のメディアやゲームとどう付き合っていくのか、最新の脳科学の観点などもあり大変示唆にとんだ内容でした。
後半は「楽しく子育てするための『育エリア』をつくろう!」という内容でシンポジウムを行いました。子ども食堂を運営する美咲郷の吉岡さん、行田市福祉部子ども未来課から推進幹の上野さん、行田市社会福祉協議会から地域担当主幹の長谷川さんの3名をお招きし、コーディネイトは引き続き小堀院長にお願いをしました。地域で学童保育を運営する座間さんからもフロア発言があり、いろいろな立場から行田エリアを子育てをしやすい環境にしていこうという熱意ある内容となりました。
また、講演とシンポジウムと並行してフリーマーケットと竹細工などの託児スペースを設けました。竹細工などでお土産を自分で作った子ども達の満足そうな笑顔が印象的でした。
参加者は全体で50名で、期待していた子育て世代の参加は開催タイミングなどの問題で少なかったのが残念でしたが、今回できたつながりを大切にして広げていくことで、子育てしやすく老いも若きも住みやすい地域づくりにつながると信じて今後も活動したいですね。







2019年3月13日水曜日

【お知らせ】子育て応援企画市民公開講座

こちらでは直前になってしまいましたが、行田協立診療所では今年も市民公開講座を行います!
今年のテーマは「子育て支援」ということで、講演に熊谷生協病院の小堀勝充院長(小児科医)を呼び、「気になるスマホと生活リズムの話」という題でお話しいただきます。耳の痛くなるような話かもしれませんが、ぜひ多くの人に参考にしていただきたいと思います。
また、後半のシンポジウムでは「子ども食堂」を運営する美咲郷の吉岡さんと、行田市子ども未来課から上野さん、行田市社会福祉協議会から長谷川さんをお招きし、「楽しく子育てするための『育エリア』をつくろう!」という内容で意見交流をします。ぜひフロアからのたくさんの声もいただきたいと思っています。ちなみに「育エリア」という言葉は「育メン」を発展させて、女性も男性も老いも若きも地域で子育てしよう!という意図を含めて今回勝手に作りました。どんどん広がるとうれしい限りです。
そして、並行してフリーマーケットや竹細工コーナーもあり、託児スペースも設けていますのでぜひ皆さんに活用していただきたいと思っています。
フリーマーケットは寄付でよろしければ当日の持ち込み大歓迎です。
ぜひ、この機会にみなさんでご参加いただきたいと思います! 

2019年3月5日火曜日

建設ワークショップ③

3月5日午後、第3回目となる建設ワークショップがひらかれました。基本設計がほぼ終わり、新しい模型なども披露されテンションがあがりました。ワークショップでは運用面でこの間見学に赴いた群馬、奈良、相模原の参加者からそれぞれ報告がありました。いずれも地域とのつながりが建物をさらに良くすると感じられる内容でした。
支部からも意見がありましたが、マスコットや新しい建物の愛称などを公募したらどうかなどの声があがりました。
地域に開かれた親しみやすい建物にしたいですね。

2019年3月1日金曜日

2019年見沼支部総会






26人の参加で見沼支部の総会がおこなわれました。
冒頭に渡辺事務長からリニューアルの説明があり、続いての総会では新しいテーマに「誰もが安心してつながるまちづくり」「健康で笑いたえない支部活動」が確認されました。
フォンテーヌのボリューム満点のお弁当をいただき、学習企画は葬儀会社を経営し支部運営委員でもある田添良夫さんから「終わり方を決めて今を活き活きと」と題したお話をしていただきました。誰もが訪れる「死」を自分の「生き方」としてとらえ、決められるうちにいろいろな準備をしておくことが大切で、家族や友人と大切な時間を過ごすことにつながると感じました。
また1年間「うどん会」や「ビビットサロン」など楽しい活動を広げていけたら良いですね!

2019年2月28日木曜日

健康チェックサポータ養成講座


2回目となる養成講座には31人が参加してくれ、前回のふりかえりをしながら初めて参加された方にも看護師からわかりやすい説明がありました。
今後ウエルシア薬局さんなどでの健康チェック活動で活躍の場が広がります。

2019年2月21日木曜日

健康チェックサポーター養成講座

期待される健康づくりの広がりに対応するため、「健康チェックサポーター養成講座」を開催しました。初めて医療生協の取り組みに参加された4人も含めて15人の参加がありました。血圧や体組成計、握力チェック、貧血チェック、乳がんチェックを担当の看護師からのレクチャーと実演で学びました。
今後近くのドラックストアなどで、1~2カ月に1度程度実施出来ればと思っています!


2019年1月19日土曜日

新春リサイタル アルパの奏で♪


毎年恒例の新春コンサートですが、今年はアルパ(ラテンハープ)奏者の倉品真希子さんによるリサイタルを開催しました。医療生協らしく、前座は嚥下機能向上のための「あいうべ体操」でした。
倉品さんの演奏は、お馴染みのラテンナンバーからはじまり、ポップスそして「川の流れのように」などの歌謡曲まで、幅広いレパートリーで楽しませてくれました。思いのほか大きく響くラテンハープの生演奏に驚かれた方も多かったようです。
当日は利根支部のお汁粉の出店もあり、他の支部の役員さんの協力もあって新春にふさわしいカフェが開催できました。
うきしろカフェとの同時開催で、参加者は60人と立ち見が出るほどの大盛況でした。

2019年1月12日土曜日

建設フィールドワーク


遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
本日は、行田協立診療所とケアセンターさきたまのリニューアルにむけてフィールドワークという事で、組合員13人と職員13人そして設計士さん2人の28人で、群馬の施設見学を行いましたので、ご紹介いたします。
まず、午前中うかがったのは、桐生にある「みんなの家つつみ」という看護多機能施設です。デイサービスやショートステイなどの居宅サービスを中心に地域に根差した施設で、あたたかみのある施設でした。案内してくれたのは桐生協立診療所の事務長の金子さんで、太田の診療所の事務長も兼ねているという事で大変だと感じましたが、とても熱意のあるかたで、この「つつみ」もそのこだわりが随所に感じられるものとなっていました。
 もともとは、綿花工場の跡地でお庭なども当時のものを使っているそうですが、地域の組合員さんたちのボランティアで石なども櫓まで組んで並び替えたとのことです。とてもきれいでした。
 午後は2手にわかれて、私をふくめ6人が高崎市にある「オアシス高崎」という介護の複合施設を訪問しました。対応してくれたのは施設管理も務める中島さん。
元々は高崎市の土地で、建物自体は民間病院が母体となっています。建って2年ほどの新しい建物ですが、1階は工事中でまもなく保育所がオープンするそうです。とても広く大浴場など市民が無料や低額で入れる施設もあります。
2階は子育て支援と就労支援のための施設となっていて、キッズスペースがあり、子育て情報や求人票などがはってありました。
3~4階は特別養護老人ホーム、5~6階が高齢者専用賃貸住宅、7~10階が看護師や介護福祉士そして保育士および、それらの職業をめざす学生さんなどの単身者用の賃貸住宅になっているそうです。市がバックアップして地域のコミュニティーをつくる新たな試みと感じました。
もう一つのグループは「はるな生協」を訪問して、歯科や介護施設などを見学しました。時間の関係で、私たちも少し見学できたので写真をおさめました。
歯科は、さいたま市にある「生協歯科」をモデルにしたそうで、とても明るく良く似た雰囲気だと感じました。廊下の足元の採光がお洒落で印象的でした。